見える化

学校での勉強法として、シャーペンや鉛筆、消しゴム等は使うと思うのですが、それでは間違えた時に消すという癖がついてしまうので、受験生にはお勧めできないのです。

小中学生から間違った問題を消しゴムで消さないと言うことが成績が上がる秘訣なのです。そのため、高校や大学の受験生は消しゴムは捨てたほうがいいのです。
ですが、参考書等に書き込みたい場合は、消えるボールペンの方がいいですよ。
暗記等をする時は、間違いを重点に置き、反復することが重要なのです。

鉛筆や消しゴムはよく使っていたのですが、間違いを消してしまうと意味ないので、間違いは認め、反復した方が良かったのですね。また、勉強をすることになった時は、そのことを踏まえ勉強していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


おすすめ記事