差をつける方法

勉強はしなければ、成績が上がることもありませんが、無暗にしていても成績が上がらないことはご存知ですか。成績を上げるためには、要領よくしないといけないのです。

勉強する際に、自分のオリジナル教材を作ると、自分の字は親しみやすく見慣れ、記憶しやすいから良いそうですよ。そして、配置や空間で頭から引き出せるので、記憶力が上がるのです。

勉強はだらだらしていると集中力が落ちてしまいますよね。ページ数管理よりも時間管理のほうが良いそうですよ。
その方法をポモドーロ・テクニックといい、キッチンタイマーで25分を設定し、タイマーが鳴るまでタスクに集中します。なったら、5分程度休憩し、再開します。その行為を4回繰り返したら、少し長めに休憩するといいですよ。

勉強は短いダッシュを繰り返し、高い生産性をキープするほうがいいのです。また、規則的に休憩をとることで、モチベーションと創造性を保ちますので、この方法はとてもお勧めなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


おすすめ記事