受験で使える英語の学習方法

英語のリスニングや長文・文法などを、同時進行で覚えるというのが一般的な学校の授業の方法であり、それ以外の単語と熟語は各自学校の先生が用意した小テストで覚えたという方もいるのではないでしょうか。

学校の小テストで1日10個ずつ単語を覚えたとして、200日もかかってしまいますし、英語の勉強もなかなか伸びにくいと考えられるので、より英語を覚えられる方法を紹介いたします。

単語と熟語、文法を1冊ずつ完璧にマスターした上で、その次に和訳を100文くらい練習し、センターレベルやMARCHレベルの長文、その他高レベルの長文へ進んで行けば、誰でも読めるようになるのだそうです。

学校のカりキュラムは学ぶ順番付けが特殊になっていますが、単語や熟語の文法を順通りに学んでいけば難関の大学にも受かるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


おすすめ記事