数学嫌いのための勉強術

数学が苦手な人は結構多いかもしれませんが、今回は数学が苦手ではなくなる勉強法について紹介いたします。

苦手な人というのは数学が出来なかったり分からないために数学自体が嫌いになり、ますます勉強しなくなり、さらに出来なくなるという悪循環に陥ってしまいます。

まず大切なことは、基本である四則演算ができるかどうかであり、次に公式の暗記ですが、これも誰にでもできることなのでとりあえず覚えましょう。

基本解法の暗記も大切で、参考書に載っている問題の解き方は基本となるのでしっかりと覚えられれば、偏差値55程度までは行けますし、この段階まで到達できれば、ある程度の問題が解けるようになりますよ。

数学は理解することも大切ですが、まずは英単語を覚えるようにパターンを暗記して理解につなげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です